レーシックで視力回復レーシックの基礎レーシック治療>レーシック手術の手順

レーシック手術の手順

一般的なレーシック手術の方法を紹介しています。
レーシック手術がどのようなものなのかを知ることが出来ます。


レーシックとは、角膜の表面を繋げたまま薄くめくり、露出した角膜の内部を特殊な
レーザーで削った後、めくれた部分を戻して再びくっつける視力矯正手術のことです。

@点眼薬で眼球を麻酔状態にします。

レーシック 麻酔


A器具でまぶたを固定し、目を開きます。

レーシック 固定



器具の一部が眼球に当たるそうですが、麻酔してあるので
全く痛くありません。

Bフラップを作成します。

レーシック フラップ


マイクロケラトームと呼ばれる小型電動カンナを用いて、
角膜の表面に非常に薄い切り込みを入れ、手術後に蓋として
かぶせるためのフラップを作成します。

Cエキシマレーザーと呼ばれるレーザーを照射して、角膜の内部を削っていきます。

レーシック エキシマレーザー

この作業により、角膜での光の屈折率を変え、近視・遠視・乱視を
治します。(削る部分は 角膜のうちの「角膜実質層」 と呼ばれます。

レーシックを深く理解されたい方は、この角膜実質層という
名前を覚えておいてください。

D大量の水で目を消毒・潤わせます。

眼球は水分が乾いた状態です。ドライアイと呼ばれる症状を回避するための
工程でもあります。


Eフラップをかぶせ、くっつくまで待ちます。

レーシック フラップ


レーシック手術は、他の視力矯正手術に比べると術後の回復が
極めて早く、痛みもありません。これは、角膜実質層での痛覚が
鈍いためです。

以上がレーシック手術の簡単な流れです。

後に、このレーシックの改良型とされるイントラレーシックや、
レーシック手術が受けられない方のためのPRK、エピレーシック、ラセックなどの
説明をしていきますが、これらの違いを理解していく上で、まず角膜の構造について
確認しておきましょう。

角膜の構造のページへ