レーシックで視力回復レーシックの基礎レーシック治療>視力矯正手術の種類

視力矯正手術の種類

レーシックは視力矯正手術の中でも最先端の技術の一つで、レーシック手術が
他の手術と比べて どう優れているのか、どのような位置付けになっているのか を
紹介しているページです。

詳細へのリンクをクリックすることで、その手術の更に詳しい解説ページをご覧に
なれます。沢山種類がありますが、他の視力矯正手術との違いが深く理解が
出来るよう紹介していますので、是非参考にして下さい。

 
概要
備考
RK
>>詳細へ
角膜表面に放射上の切込みを入れていきます。現在では旧式の手術であるため、廃れています。 レーシックが登場するまで、視力矯正手術の主流として活躍していました。
PRK
>>詳細へ
フラップは作成せず、角膜表面
(角膜上皮層:角膜の最も外側に位置する層です)
に直接特殊なレーザーを照射します。手術後は角膜上皮層が回復するまでコンタクトで保護します。
※この手術はボーマン膜を失います。
角膜が薄い人向けです。現在でも視力矯正手術として活躍している手術の一つです。術後の視力回復に時間がかかり、痛みが伴います。
レーシック 角膜表面
(角膜実質層:角膜の中間層です)
でフラップを作成、それを,めくった後、
内部を特殊なレーザーで削り、
フラップをかぶせて回復を待ちます。
現在最も一般的かつ理想的な方法として注目されています。術後の痛みが非常に少なく、視力の回復がとても早いのが特徴です。
ラセック
>>詳細へ
(LASEK:レーゼックという呼び方もある)
アルコールで眼球を柔らかくした後、表面を薄く剥がします。これがフラップとなり、非常に薄いのが特徴です。角膜上皮層からレーザーを照射します。
※この手術はボーマン膜を失います。
アルコールによる眼球への影響が分かっていません。角膜が薄い人向けです。術後の視力回復に時間がかかり、痛みが伴います。
エピレーシック
>>詳細へ
エピケラトームと呼ばれる機器を用いて
非常に薄いフラップを作成し、角膜上皮層からレーザーを照射します。
※この手術はボーマン膜を失います。
名前はレーシックですが、機械でフラップを作るラセックと言えます。角膜が薄い人向けです。術後の視力回復に時間がかかり、痛みが伴います。
オルソ
ケラトロジー
>>詳細へ
寝ている間に近視を治すコンタクトです。 第4の近視治療方法と言われています。
フェイキックIOL
>>詳細へ
角膜と虹彩の間にコンタクトレンズを入れます。 有機水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズとも言い、新しい技術です。高額です。

ボーマン膜の除去について