レーシックで視力回復レーシックの基礎>レーシックの手術費用と医療費控除 レーシックで税金が安くなる

レーシックの手術費用と医療費控除 レーシックで税金が安くなる

レーシック手術に対する医療費は、税制上の控除である「医療費控除」の対象とすることができるでしょうか?

レーシック手術と医療費控除

レーシックと健康保険や医療保険」の流れから考えるとダメと思われがちですが、実は医療費控除は使えます。

〜医療費控除〜
本人または家族(税法における、生計を一とする親族)の1年間(1月〜12月)の医療費が
10万円を超えた場合、確定申告で税金が還付されるケースがあります。

申告時には必要書類として治療費や手術費の領収書が必要となり、クリニックに発行
してもらったものを大切に保管しておく必要があります。

医療費控除の使い方については「医療費控除による還付金のしくみと申請・申告のやり方」の記事がとても参考になるはずです。

医療費控除は所得から差し引くことができ、その年の所得税や来年の住民税を安くすることができます。所得金額が大きい人ほど税率が高い分、医療費控除によって戻ってくるお金も大きくなりますので、積極的に活用しましょう。

 

レーシック手術だけじゃなくて交通費等もOK

手術にかかった費用だけでなく、通院費用も計算することができます。バス代、タクシー代など合理的な範囲内なら医療費控除の対象とすることができます。

 

家族の医療費(レーシック費用)もOK

また、「生計を一にする医療費」も合算することができますので、レーシック手術を受けるのであれば、その年の医療費の明細(レシートなど)はしっかりと保管するようにしておきましょうね。