レーシックで視力回復レーシック比較レーシック術後

レーシック術後のアフターケア

レーシック術後のアフターケアについてまとめたページです。
術後の目への配慮の仕方など詳しく掲載していますので、参考にしてください。

・点眼薬を病院の指示通りにさしましょう。
(前述の通りです。手術直後は麻酔がきれると目に痛みを感じますので、目をこすったりは
せずに病院の指示通りに点眼薬をさしましょう。)

・再検査があれば再検査を必ず受けましょう。

・パソコンの使用など眼を酷使する仕事や、野外でのハードな仕事は3日程控えましょう。

・術後1週間は細菌感染を防ぐため、アイメイクは控えましょう。

・入浴、、シャワーは検査で問題がなければ術後翌日から可能ですが、当日は目に水が
入らないようにしましょう。

・アルコールの摂取は1週間控えましょう。
回復の遅れとなり、思わぬ結果を引き起こすことも考えられなくはありません。

・タバコは術後翌日より可能ですが、換気の良い環境でなくてはいけません。

・夜間の運転は、視力が安定するまで控えましょう。

・術後1週間で軽い運動(ゴルフ・ジョギング等)が可能です。
サッカー・野球・水泳・スキューバーダイビング等は1ヶ月後からになります。


無事、視力を回復させることに成功したあなたの視界は、一変するでしょう。
メガネをかけていた人は圧倒的な視野の広さに、コンタクトをしていた人は付け外しや
管理の煩わしさから解放されることに大変な喜びを覚えることでしょう。

レーシック手術の、術前から術後までの一連の流れは以上です。
角膜まで削って得た視力ですから、いつまでもその視力は大事にしていたいですね。
そのためにも、自分の目はいたわっていきたいものです。